ミネラルウォーターは運動後に適しているの?

生きているだけでも、自然と水分が失われていくものですが、当然、運動をすればより汗をかいて水分が失われます。

失った水分は飲み物を飲むなどして、水分を補給することが必要です。

水分が少ない状態は非常に危険な状態です。

特に激しい運動を行った時は、大量の汗をかき、水分も大量に失ってしまいます。

なので、運動する場合は適したタイミングでミネラルウォーターなどの飲料水で、水分を取る必要があります。

今回は、運動後にミネラルウォーターが適しているのかについて書いていこうと思います。

“ミネラルウォーターは運動後に適しているの?” の続きを読む

ミネラルウォーターには効果的な飲み方がある

人の体の水分は約60%とされているため、水分補給をする事は大切なことであり、欠かせない事です。

お水を飲む事は体に良い事が多い事はご存知かもしれません。

また、お水は飲み方によって効果的に飲む事が出来ます。

今回は、ミネラルウォーターの効果的な飲み方についてみていこうと思います。

1日に必要な水分量は1.5リットル

1日1.5~2Lのお水を飲むと良いと言う事を耳にした事が多いのではないでしょうか?

これは、1日に排出される水分量が2リットルから2.5リットルとされており、水分を取る事はお水だけではなく食事などから1リットル程度取れているため、排出される水分量に達するには食事などの水分量と合わせ、お水を1.5リットル程度補給すれば良いとされているからです。

勿論、生活によっては異なってきます。

例えば、暑い夏場や運動後にかなり汗をかいてしまった時などは排出される水分が多くなるため、1.5リットルを超える水分を取る事が必要になってきます。

水分を取るミネラルウォーターの温度は常温がいい

水分を取る時はやっぱりぬるい水よりも冷えた水の方が美味しく、爽快に感じたり、暑い時は体を冷やしたいなどで冷たい水を取りがちだと思います。

体温を下げるという点では効果はありますが、冷たいお水を体に取り入れると、胃腸に負担が掛かってしまったり、血流が悪くなってしまう、むくみにつながるなどが起こり体に良くありません。

それに対し常温は、胃に負担が掛かる事などは無く、体調を崩したりもせず、さらに冷水では排出できない老廃物を除去してくれます。

普段飲むお水は常温にするようにし、運動をした後などは冷たい水を取るなど、場合によって変えるといいです。

水分は失う前から取る事が大切

水分はのどが渇いたと感じる前に摂取する事が大切です。

例えば、運動をする前や睡眠前、入浴前などです。

・運動をよくする前に飲んでおかないと、水分を失ってしまい脱水症状になってしまったりするかもしれません。

運動中でも刻み刻み水分を取るようにしましょう。

この時、吸収力の高い硬水を飲むと効果的です。

・睡眠中もコップ一杯分の汗をかいています。そのため血液がどろどろになってしまいます。

なので、睡眠前にお水を飲む事により、脱水や血液どろどろを改善してくれます。

・入浴は体温よりも高いお風呂に入るため、大量の汗をかいてしまいます。特に長い間入浴される方は入浴前の水分補給は大切と言えます。

また、睡眠前に摂取した物は睡眠中に排出されているように、その時の水分以上に汗をかいてい待っている場合もあるため、起床時や入浴後もしっかりと水分補給をするようにして下さい。

水分を取るのは一度に取らず数回に分けて飲む事がベスト

のどが渇くと一度に大量の水分を取ってしまいがちです。

人の腎臓で処理できるお水は、1分間に16ミリリットルと言われており、これを超えてしまうと過剰摂取でむくみや頭痛が出たり、低ナトリウム血症になってしまう可能性が高まってしまいます。

ですから、のどが渇いてしまう前に、7、8回と言うように数回に分けて少しずつ飲む様に心がけるようにしましょう。

ミネラルウォーターの硬水が便秘に効果的な理由

便秘になると体に良くないことが起きます。

老廃物であるため溜まってしまうと頭痛や肌荒れなどを、起こしてしまうなど体の不調に繋がってしまいます。

また、排せつ物が出にくく、ストレスを溜めている方も多いのではないのでしょうか?

便秘解消には水分を取ることや、食物繊維をとるなどが解決策になりますが、水分を取る場合は、水道水やミネラルウォーターの軟水で取るのではなく、ミネラルウォーターの硬水が効果的です。

今回はなぜ硬水が便秘に効果的なのかについて書いていこうと思います。

硬水が便秘に効果的なのはなぜ?

ミネラルウォーターには軟水と硬水があるのですが、なぜ軟水ではなく硬水がいいとされているかと言いますと、硬度の高さが関係します。

ミネラルウォーターはマグネシウムとカルシウムの含有率で硬度が決まります。

簡単に言ってしまえば、マグネシウムとカルシウムが多ければ硬水に、少なければ軟水となります。

そして、便秘にはこの中のマグネシウムが特に重要となってきます。

このマグネシウム水分を吸収する効果があり、大腸に到達するまでに水分を蓄えています。

大腸は小腸などで吸収出来なかった、残りの栄養と水分を吸収する働きがあります。

大腸にマグネシウムが蓄えられて到達した水分は、再度吸収されにくくなり、大腸にある便を柔らかくしてその便も取り除く上、排泄しやすくしてくれます。

この事により便秘に効果的と言えるわけです。

カルシウムとマグネシウムの割合で効果的になる?

マグネシウムが多いほど効果的ですが、カルシウムとマグネシウムの割合を知っているとさらに効果的です。

それは、カルシウム:マグネシウム=2:1の割合です。

カルシウムとマグネシウムが持つお互いの効果を助け合い、体に有効な性質が表れ、水分の吸収力も良くなるため、この割合を意識してみると便秘に効果的と言えます。

硬水の飲みすぎには注意が必要

硬水は、便秘に効果的である飲み物と言えますが、飲む際は気をつけなければならない事があります。

それは、硬水の飲みすぎによる下痢です。

便秘に効くとなると飲みすぎてしまう方もいるかもしれませんが、先程マグネシウムを含んだ水分は大腸で再度吸収されにくくなると記載しましたが、されにくくなるだけで水分は吸収されています。

なので、大腸が吸収できる水分の限度を超えてしまうとお腹を壊してしまいます。

また、硬水は便秘薬の代わりともいわれている物です。

そのため、硬水を取りすぎてしまう事により、マグネシウムの効果が大きくなり、これが原因で下痢になってしまうのも一つです。

下痢を起こしてしまうと、痛みを伴いますし、胃腸が弱り少し水や物を食べただけなのにお腹を壊すなど、ちょっとした事でもすぐ下痢が発生してしまいます。

長い間下痢が続いてしまうと脱水症状や下痢が慢性化してしまい、便秘ではなく今度は下痢でストレスを溜めるなどして下痢で悩む事にもなってしまいます

硬水の硬度は低い物から

日本のお水は軟水で、日本人は軟水が適しており硬水は負担か大きい物です。

硬水が便秘に聞くからと言って、硬水の硬度は確認しずそれが高い物であったり、硬度の高い物を選んで飲むと言った事は体に負担が掛かってしまいます。

そうではなく、まずは硬度をしっかりと確認し、硬度が低いミネラルウォーターから試していき、徐々に高くしていくと言う方が、負担は少なく自分に合った硬度が見つかり便秘に効果的となるでしょう。

最後に

硬水は便秘に効果的と言う事でしたが飲みすぎは良くはありません。

自分に合った硬水を見つけて、便秘の解決の参考になっていただければと思います。 最後におすすめの硬水を少しご紹介します。

  • ハイドロキシダーゼ

硬度が非常に高い超硬水ですが、マグネシウムの含有率が他の硬水の中で一番高いです。

こちらも硬度が非常に高く、超硬水です。日本でよく利用されている方が多いメジャーな商品で、マグネシウムなどのミネラル分も豊富です。

  • アズーラ

アズーラはカルシウムとマグネシウムの含有率が2:1に近い商品です。

エビアンは硬水の中では硬度が低いため、クセや飲みにくさが気になる方は、こちらから飲み始める事をおすすめします。

ミネラルウォーターで顔を洗うのはいい事!?

ミネラルウォーターは飲み水として飲む事はもちろん、飲む事により美容に良く美肌になってくれるとされています。

ミネラルウォーターを飲み、体の中から美肌を作る事は基本になるかもしれませんが、内側から良くして外側もよくしなければいけません。

肌荒れがひどい時に水道水で顔を洗ってしまうと余計酷くなってしまいます。

肌荒れしてしまった時、化粧品を使用して改善するとは思いますが、普通化粧品には肌に刺激を与えてしまう成分が含まれています。

なので肌荒れしている時に化粧品を使うとより悪化してしまう事があります。

なので、一度ミネラルウォーターでスキンケアしてみるといいかもしれません。

ミネラルウォーターで顔を洗うと言うのは、とても勿体ないかもしれませんが、そんな時は、未開封の物で賞味期限が切れてしまったミネラルウォーターはなどで試してみるといいかもしれません。

何年も前のミネラルウォーターでなければ中のお水に異常は無いため効果的かもしれません。

肌荒れの時水道水とミネラルウォーターで顔を洗う事を詳しく見ていこうと思います。

肌荒れがひどい時に水道水で顔を洗うと

顔の肌荒れがひどい時に、水道水で洗ってしまうと塩素が入っているため、敏感になっているお肌にはかなりの負担になってしまいます。

水と混ざった塩素はとても強力な酸化力を持っておりお肌にかかわらず、体内に取り込むと胃腸の細胞を壊してしまい、胃腸が弱ってしまいます。

もともと肌が弱い上肌荒れがひどい場合も、水道水での洗顔はさらに悪化させてしまう恐れがあるので控えた方がいいでしょう。

浄水器などが設置されていればある程度は問題ないかもしれませんが、付いていない場合は避けた方がいいです。

また、マンションなどは貯水タンクからお水が供給されていることが多く、メンテナンス等されていないとあまり衛生的では無く、供給されるパイプ等が汚れてしまっている場合も同様ですので、別の心配が出てきます。

ミネラルウォーターで顔を洗うと

ミネラルウォーターで顔を洗うとどうなのかと言いますと、ミネラルウォーターは水道水に比べると塩素などの不純物が少なくお肌に刺激がある成分が少ないため、肌の負担が少なくなり、肌荒れの具合が改善へと進んでくれるでしょう。

ただ、水道水にも含まれているのですが、ミネラルウォーターはミネラル分が含まれており硬度の高い物で顔を洗ってしまうと、成分が刺激となって肌荒れが悪化してしまいます。

なのでミネラルウォーターなどで洗顔される場合は、極力硬度が低い軟水や純水などのお水を選ぶことが大切です。

また、肌荒れしていない時でも硬度の高いミネラルウォーターで顔を洗ってしまうと、肌荒れを起こしてしまう可能性がありますので、ミネラルウォーターでスキンケアする場合は気を付けましょう。

最後に

肌に合っていないや過剰なスキンケアが肌荒れの要因になっているかもしれません。

そこで、水道水や化粧品などの刺激が強い物は避けて、刺激に少ないミネラルウォーターで肌を休ませつつ、スキンケアする事で肌荒れ改善に近づくかもしれません。

肌荒れが気になって化粧水を使っても改善しない場合は、高価な化粧品などを試す前にミネラルウォーターでスキンケアを一度試してみてはどうでしょうか。

ミネラルウォーターによるダイエット効果と飲みすぎは危険

よくミネラルウォーターはダイエットに効果があるとして耳にする事があると思います。

確かに、ミネラルウォーターだけでなくお水を飲む事はダイエットの効果的と言えますし、普段飲んでいるお水を飲んでいてダイエット効果があった方がうれしいと思います。

ですが、いくら効果があるとはいえ1日に5リットルや、ひどい人の場合10リットル飲んでいる方もいるそうですが、これでは効果が出るどころか最悪水中毒を引き起こしてとても危険です。

なぜミネラルウォーターを飲む事でダイエットに効果的なのか?

まず、ミネラルウォーターを飲むとなぜダイエットに効果があるのかを見ていこうと思います。

ミネラルウォーターでダイエットに効果があると言われているのは、主に2つです。

それは「体の代謝をよくすること」、「食欲を抑える効果がある」となっています。

細かく見ていきましょう。

体の代謝をよくすること

ミネラルウォーターを含むお水全般は飲む事により、水分を失った血液をサラサラにする事により、血行が良くなり新陳代謝が良くなってくれます。

血行が良くなることで体温が上がり、消費エネルギーが大きくなりダイエットに効果的です。

この時、飲むお水は吸収力の高い【硬水】が向いていると言えます。

ただ、硬水は慣れていないと飲みにくく、お腹を壊しやすいため注意が必要です。

飲みにくいという点は、硬水でも少しづつ硬度を上げていく事や炭酸ガス入りを試す事で改善しやすいです。

この代謝が悪いと老廃物が溜まったり、脂肪が付きやすく、便秘や肥満になる要因になってしまいます。

食欲を抑える効果がある

ミネラルウォーターの硬水は食欲を抑える働きがあるとされています。

これは、人はミネラル分が不足してしまうと食欲が増してしまう傾向にあるため、硬水は軟水に比べるとミネラル分が多く含まれています。

そのため、食欲を抑える働きが起こってくれます。

さらに、硬水を炭酸にする事で満腹感をコントロールするように飲む事で食べすぎを抑制し、さらに効果に期待が高まります。

ですが、必ず守ってほしい事は食欲を抑えてはくれるのですが、ミネラルウォーターだけや殆ど食べないなんて言う事は非常に危険な事です。

ですから、しっかりと栄養を考えた食事はとるようにしたうえで、食べすぎないようコントロールするようにして下さい。

ミネラルウォーターでダイエットを行う時は水中毒に注意が必要

ミネラルウォーターがダイエットに効果的と分かると過剰に摂取してしまう人も出てきてしまいます。

初めにも記載しましたが、1日に5リットルや10リットル飲んでしまう人なんかもいるみたいです。

普通はのどの渇きを脳が感じ、水分を取る事でのどの潤いを脳が感じ取り、限度以上は受け付けないようになっています。

ですが、受け付けないのにもかかわらず、無理に限度以上のお水を摂取してしまう事により、脳の判断がおかしくなってしまいお水をいくらでも受け入れてしまう事が可能になってしまいます。

そして、取りすぎてしまった水分は細胞内へと溜まっていき体にむくみが生じ、さらにナトリウム濃度が薄まり極度の減少による痙攣や神経系の異常などの症状が出てしまい、最悪の事態にもなってしまう可能性があり、水中毒になってしまいます。

最後に

ミネラルウォーターはダイエットに効果があるとは思いますが、飲みすぎてしまっては意味がありません。

ダイエット目的でミネラルウォーターを飲む事は問題ありませんし、生活を行う上でもお水を飲む事は重要な事ですが、恐らく閲覧してくださった方にはいないとは思いますが、限度を超えないよう注意してください。