ミネラルウォーターと蒸留水の違いについて

皆さんは蒸留水と言うお水を知っていますか?

蒸留水は水道水などのお水を加熱、沸騰させて出てきた蒸気を集め冷却させ液体に戻したお水の事を言います。

この蒸留水とミネラルウォーターとではどのような違いがあるのでしょうか? 今回はミネラルウォーターと蒸留水の違いについて書いていこうと思います。

ミネラルウォーターと蒸留水の作られ方の違い

ミネラルウォーターは厳しい基準をクリアした採水地の湧き水をろ過、沈殿、加熱処理を行いボトルに詰められています。

“ミネラルウォーターと蒸留水の違いについて” の続きを読む

ミネラルウォーターと水素水との違いと水素水の効果について

飲み物の中に、水素水と言うお水があるのですが、水素と言えば酸素と結びついて初めてお水になりますよね。

水素水はお水の中に水素を溶解させたお水です。

ミネラルウォーターと水素水は根本的に違うものですが、いったい何が違うのでしょうか?

今回は、ミネラルウォーターと水素水との違いなどについて書いていこうと思います。

“ミネラルウォーターと水素水との違いと水素水の効果について” の続きを読む

ミネラルウォーターや水道水との味の違いについて

のどが渇いた時、飲むものとしてお水やお茶、ジュースなどがありますよね。

この中で、お水と言えば水道水やミネラルウォーター、水素水なんてものもあります。

良く飲んだり、使ったりするお水としては、水道水とミネラルウォーターが多いかと思われます。

ミネラルウォーターは本当に様々な種類が売られていますし、味のついたお水なんかもあります。

お水と言えば、意識して飲んでいない方は無味無臭だし、味に違いなんてないと思われるかもしれません。

確かに、お茶やジュース程、味を感じることが無いため味があったり違いがあると思えないかもしれません。

ですが、お水の中にも味があり、ミネラルウォーターの軟水と硬水とも違いがあれば、水道水と比べても違います。

ミネラルウォーターの味の違い

ミネラルウォーターは、お水と言っても「ミネラル」を含んでいるお水です。

ミネラルウォーターの軟水と硬水とでは味が全然変わってきます。

まず、軟水硬水にかかわらず、ミネラル分であるナトリウムが多ければ、塩味を感じると言う風になります。

マグネシウムやカルシウムの量が適量であれば、甘みを感じる様になりますが、多くなってしまうと、渋みや苦みが強く出てしまいます。

カリウムはナトリウムと同じで多ければ塩味を感じるようになります。

このように味の違いは、ミネラルウォーターに含まれている、ミネラルの含有率で味の違いが変わってきます。

軟水

軟水はマグネシウムとカルシウムの含有率が、少ないミネラルウォーターであるため、ミネラル分が適量に近く、甘みを感じるなど、飲みやすく気になるクセや臭いなども少ないため、美味しいと感じることがあります。

硬水

硬水はマグネシウムとカルシウムの含有率が、多いミネラルウォーターです。

ミネラル分が多いため、苦みや渋みを強く感じるようになり、飲みにくく感じたり、口当たりに違和感を感じる、独特の臭いなどクセの強いミネラルウォーターです。

慣れが必要ですが、慣れると硬水しか飲めなくなると言う方もいます。

ミネラルウォーターと水道水の味の違いは?

ミネラルウォーターにも軟水と硬水とで違いがありました。

では、ミネラルウォーターと水道水の違いはどうなのかと言いますと、まず地域にもよりますが水道水の多くは軟水です。

そのため、ミネラル分が少ないため、ミネラルウォーターの軟水と同じと言えるかもしれません。

ですが、水道水はミネラルウォーターとは違い、除菌のため塩素消毒を施してあります。

このため、ミネラルが少ないため、甘みを感じたりする所ですが、この塩素消毒により独特の臭いと味を感じ取ることになります。

このため、ミネラルウォーターは甘みや苦みなどを感じるのに比べると、水道水は塩素の臭いや味などを感じるようになるため、美味しいと感じる方は少ないです。

最後に

お水には味のない物と認識されていた方は、ミネラルウォーターの軟水と硬水で味の違いがあり、水道水とも違いがありました。

お水を飲む時、味の違いなどを気にして飲み比べてみるのも面白いかもしれませんね。

何かのお役に立てればと思います。

ミネラルウォーターと天然水の違いについて

お水には様々なお水がありますよね。

例えば、ミネラルウォーターや水道水、水素水や天然水などがあります。

このうち、ミネラルウォーターの商品名で天然水と言う物もあるため、ミネラルウォーターと天然水が同じものであると思われる方もいるかもしれません。

天然水とミネラルウォーターは同じものとも言えず、全くの別物と言うわけでもありません。

今回はこのミネラルウォーターと天然水の違いについてみていこうと思います。

ミネラルウォーターと天然水の違い

ミネラルウォーターと天然水との違いは、処理の違いによって呼ばれ方が変わります。

ミネラルウォーターも天然水も、分けられる元の水は特定の地下水などを原水として使われています。

この原水を使っているため、この時点では同じもので自然の水ですが、処理によってミネラルウォーターと天然水と言う分けられ方になります。

まず初めに天然水は原水を採水した後、ろ過、沈殿、加熱殺菌など以外の処理を行わない物が天然水となります。

天然水はこの3つの処理をしているだけなので、自然そのもので、まさに天然の水と言えます。

これに対し、ミネラルウォーターは、同じ原水を採水した後、ろ過、沈殿、加熱殺菌の他に物理殺菌や化学殺菌の処理を行った物がミネラルウォーターとなります。

また、ミネラルウォーターは品質安定のため、ミネラルの調整や他の水源から採水したミネラルウォーターを混ぜ合わせるなども行われているため、製品中のミネラル分などの変化により天然水と呼べなくなってしまいます。

国の基準でのミネラルウォーターと天然水の分けられ方

ミネラルウォーターは農林水産省ガイドラインで定められています。 定められたガイドラインでは、ミネラルウォーターを4つに区分されており、以下の通りです。

  • ミネラルウォーター
  • ボトルドウォーター

このうち、ナチュラルウォーターは「特定の水源から採水された地下水を原水として、ろ過、沈殿、、加熱殺菌以外の物理的・化学的処理を行わないもの」となっているため、天然水と言う事になります。

また、ナチュラルミネラルウォーターは「ナチュラルウォーターのうち鉱化された地下水を原水としたもの」となっているため、化学処理を行われていないこちらも天然水と言う事になります。

ミネラルウォーターは、「ナチュラルミネラルウォーターを原水とし、品質を安定させるのために、ミネラルの調整、複数の水源から採水したナチュラルミネラルウォーターの混合等が行われているもの」となっているため、ミネラルウォーターと分けられることになります。

ボトルドウォーターは3つ以外の物の為どちらでもありません。

最後に

ミネラルウォーターと天然水の大きな違いは処理の違いと言う事でしたが、いかがだったでしょうか?

天然水の中にはミネラルウォーターとされる物もあるみたいなので、難しい所ですね。

少しでも参考にしてもらえればと思います。

ミネラルウォーターにあるバナジウムの効果とは

ミネラルウォーターにはミネラル分である、カルシウム、マグネシウムカリウム、ナトリウムなど成分としてありますが、ミネラルウォーターの中のラベルには、ミネラル分以外に「バナジウム」と言う成分が表示されているミネラルウォーターがあると思います。

よく聞く名前ではバナジウム天然水がありますよね。

ではこのバナジウムとは何なのか、どのような効果があるのかなどを見ていこうと思います。

バナジウムとは

バナジウムとはマグネシウムやカルシウムなどと同じミネラルの一種で、金属の一種です。

人には必要不可欠なミネラルと言う事では無く、摂取しなくても生活上は問題ありません。

ですが、良い効果もありますが、バナジウムを取りすぎてしまうと胃腸や神経の障害が出てしまうなど、何らかの影響が出てしまう毒性があるとの発表もされているみたいです。

バナジウムは人の体にもわずかに含まれています。

このバナジウムが多く含まれている食品は、魚貝類や海藻と言った、『アサリ、ホタテ、のり、イワシ、エビ』などがあり、他にも『卵、牛乳、パセリ』などがあり、特にアサリが最も含まれています。

バナジウム水の原水とされているのが、富士山麓付近でとれる水だけとされています。

バナジウムにはどのような効果があるのか

生活習慣病としてあげられる糖尿病の予防になると考えられ、バナジウムは血糖値を下げる効果があると研究の結果が出ています。

このバナジウムには「インスリンと酷似した性質」があるみたいで、インスリンと言うのはインスリンと言うホルモンが筋肉や内臓に血糖を取り込むために必要な物で血糖値をコントロールしている物でもあります。

また、コレステロール中性脂肪の数値を下げてくれる効果もあります。

このインスリンの分泌量が低い場合、血糖値が高くなってしまったり、脂質やコレステロールが溜まってしまい動脈硬化を起こしてしまう可能性が上がってしまいます。

この事から、バナジウムは糖尿病を予防してくれることになります。

また、デトックス効果やむくみなどの美容にも良いとされており、脂肪燃焼を促進してくれるなどの効果があります。

バナジウム水で得られるバナジウムの効果とは

ミネラルウォーターに含まれているバナジウム成分は非常に少ない量となってしまう為、糖尿病予防になるためには極端な言い方をすればプール一杯(約25万リットル)の量を毎日飲む必要があるとされています。

現実的ではありませんよね。

バナジウムの量がある程度多いとしても、殆ど効果は現れないと思われます。

ですので、バナジウム水のみでの効果は非常に少く効果が出ることは事実上不可能と言う事になります。

結果的に見ると、水を飲む事で得られる、代謝を上げてくれるなどがバナジウム水で得られる効果となってしまいます。