ミネラルウォーターを使い相性のいい料理と飲み物は?

ミネラルウォーターは飲み水として活用する事はごく普通の事ですが、他の事に使おうと考えてみた事はありますか?

ミネラルウォーターは飲み水以外にも料理や飲み物に使用しても相性がいいのです。

ミネラルウォーターには軟水と硬水とがありますが、それぞれで相性がいい悪いがあります。

今回はミネラルウォーターで料理や飲み物との相性について書いていこうと思います。

ミネラルウォーターと相性のいい料理

軟水のミネラルウォーター

ミネラルウォーターと水素水との違いと水素水の効果について

飲み物の中に、水素水と言うお水があるのですが、水素と言えば酸素と結びついて初めてお水になりますよね。

水素水はお水の中に水素を溶解させたお水です。

ミネラルウォーターと水素水は根本的に違うものですが、いったい何が違うのでしょうか?

今回は、ミネラルウォーターと水素水との違いなどについて書いていこうと思います。

“ミネラルウォーターと水素水との違いと水素水の効果について” の続きを読む

ミネラルウォーターは運動後に適しているの?

生きているだけでも、自然と水分が失われていくものですが、当然、運動をすればより汗をかいて水分が失われます。

失った水分は飲み物を飲むなどして、水分を補給することが必要です。

水分が少ない状態は非常に危険な状態です。

特に激しい運動を行った時は、大量の汗をかき、水分も大量に失ってしまいます。

なので、運動する場合は適したタイミングでミネラルウォーターなどの飲料水で、水分を取る必要があります。

今回は、運動後にミネラルウォーターが適しているのかについて書いていこうと思います。

“ミネラルウォーターは運動後に適しているの?” の続きを読む

ミネラルウォーターは日本と海外では何が違う?

日本のミネラルウォーターは様々な種類が売られており、コンビニやスーパー、ネットなどで購入することが出来ます。

国内で作られたミネラルウォーターや、輸入による海外のミネラルウォーターなどが購入できる主な商品です。

購入できるミネラルウォーターの中に、海外のミネラルウォーターがありますが、日本のミネラルウォーターと何か違うのかと言えば、色々な視点で見れば結構違う所があります。

今回は、日本と海外のミネラルウォーターの違いについて書いていこうと思います。

日本では軟水で海外では硬水がほとんど

日本で手に入るミネラルウォーターには日本の物と海外の物がありますが、この内、軟水の物は日本のミネラルウォーターが多く、海外(ヨーロッパ、イタリアなど)のミネラルウォーターでは硬水が多く占めています。

これは、採水する場所によって変わります。

日本は海外に比べると山がとても多い国です。

山の雨や雪が地層内を早い勢いで流れていくため、ミネラルを含む時間が少なくなります。

よって、日本で採水されるミネラルウォーターは、ミネラル分が少なく軟水が多くなります。

これに対して、海外はなだらかな山や平野が多い傾向にあります。

そのため、地層内をゆっくりと時間をかけて進み、お水の中にミネラル分が多く含まれ、それを採水するため硬水が多くなっています。

海外にも軟水はあり、有名なミネラルウォーターとして、ボルヴィックがあります。

ミネラルウォーターの消費量は海外の方が多い

日本でもミネラルウォーターは、よく利用される事が多いとは思いますが、それでも海外が消費する量は日本よりもかなりの物です。

この消費量の違いは水道水が関係してきます。

日本の水道水は蛇口をひねれば、そのお水をそのまま飲む事が可能です。

塩素消毒のため、カルキの臭いがあり嫌う方などもいますが、水道水を飲んでも体に問題は発生しません。

ですが、海外の水道水はそのまま飲んでしまうと、お腹を壊すなどが起きてしまいます。

海外の水道水は硬水なのかもしれないので、旅行などで海外に訪れた、日本人には適さなかったと言う事でお腹を壊してしまったのではありません。

日本の様に水道水がそのまま飲めると言う風にはなっておらず、海外の方も水道水は飲まずに、ミネラルウォーターを購入して飲む事が多いのです。

そのため、海外は日本よりもミネラルウォーターの消費量が多くなっています。

海外のミネラルウォーターは炭酸入りの物が多い

日本のミネラルウォーターと海外のミネラルウォーターを購入して、飲んだことがある方はご存知かもしれませんが、海外のミネラルウォーターは炭酸ガスが入っている物が多いです。

海外の方は、ミネラルウォーターと言うと炭酸ガス入りの物が普通と言う認識を持っているそうです。

代表的な物として、ペリエゲロルシュタイナーなどがあります。

採水地に炭酸が含まれていることが多いため、海外は炭酸水が多くなっています。

ミネラルウォーターの製法が違う

日本のミネラルウォーターは採水地からのお水は、熱処理などを施し殺菌処理を義務付けられているのに対し、ヨーロッパなどの海外は採水地の成分中の菌の数などを、厳し胃基準のもと行っているため殺菌処理を行っていません

また、日本のミネラルウォーターは品質の安定のため、ミネラルを調整するなどが行われていますが、海外のミネラルウォーターは、もともとミネラル分が高いため、そのようなことが必要ありません。

そして、区分も勿論違います。

日本は、「ナチュラルウォーターナチュラルミネラルウォーター、ミネラルウォーター、ボトルドウォーター 」となっているのに対し、

ヨーロッパの規格では、「ナチュラルミネラルウォーター 、スプリングウォーター、プロセスドウォーター」と言う風になっています。

最後に

いかがだったでしょうか?

このように、日本のミネラルウォーターと海外のミネラルウォーターとではこれだけ違うものです。

海外のミネラルウォーターを利用してみる事や海外に行かれる場合など何かのお役に立てればと思います。

ミネラルウォーターを飲みすぎると尿路結石になる?

ミネラルウォーターは体に良いとよく聞きますよね。

美容やダイエットに良いとされているミネラルウォーターですが大量に飲みすぎてしまう事に注意しなければなりません。

飲みすぎてしまう事で、便秘に効果がある為下痢を起こしてしまうなどが起きてしまうのですが、特に尿路結石と呼ばれる病気になってしまう可能性が出てしまう為注意が必要です。

尿路結石について

尿路結石と言うのは、尿道、膀胱、尿管などを総称して「尿路」と呼ばれるのですが、この尿路に結石と呼ばれるものができることを言います。

この結石にはシュウ酸カルシウム、リン酸カルシウム、尿酸結石などがあり、カルシウム結石が約90%以上を占めているそうです。

この尿路結石は相当な痛みを伴うものなので気を付けて掛からないようにしたい所です。

ミネラルウォーターを飲む事による原因

結石は水を多くとる事で、結石が作られるのが予防されるとなっており、水分を取る時は、カルシウム、ナトリウム、シュウ酸が少なく、マグネシウムが多く含まれているお水が理想だそうです。

ミネラルウォーターで水分を取ることは良い事なのですが、ミネラルウォーターには勿論カルシウムやナトリウムが含まれています。

特に硬水はカルシウムが多く含まれている場合が多いので飲みすぎ注意です。

程よい量を飲む事は体に良い事で、人の体にはカルシウムが健康になる一つですが、取りすぎによって結石を作ってしまう可能性が出てきてしまいます。

マグネシウムとカルシウムの含有率で軟水と硬水に分かれるのですが、基本カルシウムは硬水が多い傾向にあり、ナトリウムは軟水でも硬水でも多く含まれていたり、少ない物もあります。

ミネラルウォーターを飲む事で尿路結石にならないために

基本的に適切な量を飲む事は体に良いため、問題ありませんが、過剰摂取してしまう事でなってしまう可能性があります。

ですから、上記でも記載してありますが、硬水はカルシウムが多く含まれている事が多いため、取りすぎてしまわないようにし、軟水などで予防や水分補給した方がいいです。

軟水はカルシウムの含有率が少なく、基本的にはこのミネラル分は殆ど体に吸収されず体の外へと排出されてしまうためです。

1日の尿量を2000ml以上にすることで予防につながるとされています。

尿路結石は男性が多いが女性も注意が必要

尿路結石は男性に多く見られることが多い病気ですが、女性も注意しなければなりません。

特にミネラルウォーターで言いますと、女性はいくつになっても綺麗に美しくいたいものですよね。

そこで、美容に良いとされているミネラルウォーターで効果があるとされている硬水を飲むようになり、過剰摂取しなければいいのですが中には多く取ってしまう方もいるかもしれません。

よって、尿路結石になってしまう可能性が出てきてしまいます。

最後に

多くの場合、食生活や他の事により尿路結石になってしまう可能性が高いと思いますが、ミネラルウォーターの飲みすぎが原因の一つとしてあげられるためならないとは限りません。 ミネラルウォーターの飲みすぎには気を付けるようにしましょう。