ミネラルウォーターにあるアルカリ性と酸性、ph値とは?

ミネラルウォーターには、pH値と呼ばれる言葉がペットボトルのラベルに記載されていたり、ウォーターサーバーを契約の際の詳細などに書かれていたり、聞くことでわかると思います。

このpH値が何なのかと言うと、お水がアルカリ性や酸性どちらかの性質を表す物なのかを示している物です。

今回はこのpH値について書いていこうと思います。

pH値とは?

pH値はペーハー値と読み、物質の性質を決める指数であり、水素イオンの酸性の具合を表す物でその名を水素イオン指数と呼ばれています。

お水がアルカリ性と酸性どちらであるか、飲むお水として適しているかを1~14までの数字で表されています。

酸性やアルカリ性が高すぎてしまうと、人の体に負担が掛かってしまいますが、ミネラルウォーターの商品はpH値6~9程度の物が多いため問題は無く、水道水も同じ程度のpH値ですので普段の飲み水では心配ないです。

アルカリ性と酸性を示す値は?

ミネラルウォーターのアルカリ性と酸性はいろいろ言われています。

と言うのも、中性が7とされて7を超えた場合はアルカリ性になり、7以下になると酸性になるとされるケースがあり、中性が8とされ上下によりアルカリ性と酸性になると言うケースです。

一般的には中性は7とされているみたいです。

ミネラルウォーターのpH値はおよそpH5~8の間の物が多いです。

またアルカリイオン水と呼ばれるものがありますが、こちらのpH値は8前後で弱アルカリ性とされています。

体と相性のいいpH値とは?

人の体には様々な体液がありますが、大体pH7.5となっており健康状態であれば常に弱アルカリ性の値となっています。

逆に髪の毛や皮膚は弱酸性となっています。

ミネラルウォーターは様々な物がありますが、体に取り入れるのであれば体液と同じか近いpH値のミネラルウォーターを取ると相性がいいとされています。

美容のため、ミネラルウォーターで顔を洗う時やミネラルウォーターだけではなく、髪の毛に使うシャンプーなどを使う時は弱酸性の物が相性がいいです。

ただ、体に取り入れると相性のいいのは、体液と同じpH値の弱アルカリ性とされていますが、胃は食品を消化させるなどの働きのため酸性となって、その後十二指腸で中性に近づいていきます。

よって、弱アルカリ性のミネラルウォーターでも、他のpH値のミネラルウォーターを飲んだ場合でも何かしらの変動が見られるため、必ずしも相性がいいとは限らないかもしれません。

人が美味しく感じるpH値は中性

アルカリ性に近づくと苦みを感じるようになり、酸性に近づいていくと酸っぱく感じるように偏ると味が変わります。

人の好みなどによって、アルカリ性や酸性に近い物がいいと言う方もいるかと思いますが、一般的には中性のお水が美味しいと感じます。

美味しいミネラルウォーターを飲みたい方は、pH値が中性のミネラルウォーターを試してみるといいかもしれません。

食品などのpH値には何があるか

食品や身近な物でpH値はどのような物があるか、pH値はどのくらいかをまとめてみました。

性質

成分や食品

pH値

酸性

食酢

2.0程度

弱酸性

胃液

1.5~3程度

炭酸水

4.5程度

中性

純水

7

弱酸性~弱アルカリ性

水道水

5.0~8.0

ミネラルウォーター

5.0~8.0

アルカリ性

血液

7.5~8.0程度

重曹

8.3程度

アルカリイオン水

9.0~11

アルカリ性

水酸化ナトリウム

14

酸性に近づいても食品など口に出来る物が多いのですが、アルカリ性は殆ど口に出来ない印象ですね。

ミネラルウォーターと水道水の安全性について

お水は蛇口をひねれば出てくるし、コンビニや自販機でも気楽に購入し飲むことが出来ます。

水道水は美味しくないや安全面が心配などでミネラルウォーターや浄水器を利用する方も多いと思います。

逆にそんな事は気にし無い方やわざわざ水を買ってまでして飲もうとは思わないなんていう方もいるかと思います。

では、ミネラルウォーターは水道水より安全なの? ミネラルウォーターと水道水の安全性について見ていきたいと思います。

ミネラルウォーターと水道水の基準

ミネラルウォーターと水道水にはそれぞれ基準があり、ミネラルウォーターは食品衛生法で、水道水は水道法で定められています。

ミネラルウォーターと水道水の基準は以下の通りです。

ミネラルウォーター類のうち殺菌・除菌を行わないもの

ミネラルウォーター類のうち殺菌・除菌を行うもの

水道水の基準

食品衛生法

水道法

検査項目

一般細菌

一般細菌

一般細菌

亜鉛

亜鉛

亜鉛

カドミウム

カドミウム

カドミウム

水銀

水銀

水銀

セレン

セレン

セレン

バリウム

バリウム

バリウム

ヒ素

ヒ素

ヒ素

マンガン

マンガン

マンガン

六価クロム

六価クロム

六価クロム

シアン

シアン

シアン

硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素

硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素

硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素

フッ素

フッ素

フッ素

ホウ素

ホウ素

ホウ素

亜塩素酸

亜塩素酸

塩素酸

塩素酸

クロロホルム

クロロホルム

残留塩素

残留塩素

四塩化炭素

四塩化炭素

1,4-ジオキサン

1,4-ジオキサン

ジクロロアセトニトリ

ジクロロアセトニトリ

1,2-ジクロロエタン

1,2-ジクロロエタン

ジクロロメタン

ジクロロメタン

シス-1,2-ジクロロエチレン及びトランス-1,2-ジクロロエチレン

シス-1,2-ジクロロエチレン及びトランス-1,2-ジクロロエチレン

ジブロモクロロメタン

ジブロモクロロメタン

臭素

臭素

トリハロメタン

トリハロメタン

テトラクロロエチレン

テトラクロロエチレン

トリクロロエチレン

トリクロロエチレン

トルエン

トルエン

ブロモジクロロメタン

ブロモジクロロメタン

ブロモホルム

ブロモホルム

ベンゼン

ベンゼン

ホルムアルデヒド

ホルムアルデヒド

有機物等(全有機炭素)

有機物等(全有機炭素)

臭気

臭気

色度

色度

濁度

濁度

亜硝酸態窒素

クロロ酢酸

ジクロロ酢酸

トリクロロ酢酸

塩化物イオン

カルシウム、マグネシウム等

アルミニウム 及びその化合物

鉄 及びその化合物

蒸発残留物

フェノール類

ジェオスミン

㏗値

2-メチルイソボルネオール

陰イオン界面活性剤

非イオン界面活性剤

ミネラルウォーターは殺菌・除菌をを行う、行わないで基準が15種類40種類

なのですが水道水は55種類となります。

基準の項目は殺菌・除菌を行う、行わないよりも水道水の基準はとても厳しいものとなっています。

よって、水道水のほうの安全性が高いと言う事になります。

水道水の塩素とトリハロメタンについて

水道水はミネラルウォーターよりも検査項目は厳しい物なのですが、あくまでミネラルウォーターより厳しいだけですので絶対に安全と言うわけではありません。

水道水の塩素とトリハロメタン

水道水には塩素が含まれていますが、体に害がある程含まれてはおらず、他の雑菌の発生を防ぎ安全に保つために含まれています。

塩素は水と混ぜると塩酸になり、体に取り入れると細胞が死滅してしまうなどで懸念されています。

また塩素が含まれているとなると、トリハロメタンが生成されてしまいます。

トリハロメタンは体に摂取されることにより、ガンのリスクが高まる事や体に含まれるだけで中枢神経や腎臓、 肝臓といった器官にも大きなダメージが与えられてしまいます。

今は技術が発達しているので、昔に比べて数は相当減っていますが全く無くすと言う事は出来ません。

逆に塩素を使わなければ、トリハロメタンは発生しませんが他の雑菌等を無くすことが出来なくなってしまいます。

最後に

検査項目が厳しい水道水には、塩素が含まれている分安全ですが、無外になるまでにはいきません。

ミネラルウォーターは検査項目が緩く設定されてしまっていますので、塩素が含まれていないとはいえ、水道水よりも安全とは言い切れません。

この二つが心配ならRO水と言う不純物99%除去した水を試してみてはいかがでしょうか?

ミネラルウォーターと水道水の値段の違い

ミネラルウォーターを飲まれている方と水道水を飲まれている方とそれぞれいらっしゃると思われます。

場合によっては、両方と言う方もいるかもしれませんね。

私自身は、両方を飲み水としています。

ミネラルウォーターと水道水とでは、どちらか高くて安いかなんて言うまでも無くミネラルウォーターが高く、水道水が安いとなるはずですよね。

その通りですw

ただ、漠然と比べているだけではどのくらい差があるのか分からないと思います。

値段として見た場合どのくらい差があるのか見てみたいと思います。

なお、人が1日に取る水分量の目安として1.5Lで出しており、出してみた値段は私が推測して出した値です。参考までに。

ミネラルウォーターを1か月(30日)飲んだ値段

ミネラルウォーターをコンビニなどで購入した場合「500mL=100円」、スーパーなどで購入した場合「2L=100円」として計算しています。

・コンビニや自動販売機で購入した場合「500mL=100円」

1日=1.5L飲み水とした場合、500mL×3で1.5Lなので300円となりました。

なので、300円×30日=9000円 なんとコンビニや自動販売機などで1日の目安分を購入し、1か月飲んだ場合9000円も掛かってしまいます。

・スーパーなどで購入した場合「2L=100円」

1日=1.5L飲み水とした場合、1日では75円となります。

なので、75円×30日=2250円 スーパーは2L、100円等で売られている所は多いと思います。

コンビニなどで購入し続けて飲むよりも4倍も違ってきますね!

ミネラルウォーター同士でも、これだけの差が出てきました。

水道水とはどう違ってくるのでしょう?見ていきましょう!

水道水を1か月(30日)飲んだ値段

水道水はお住いの住まいや県などによって水道代は異なりますが、大体100~200円/1000L程度です。

なので、1Lあたり0.1~0.2円と言う事になります。

そうなると、1日に取る水分量を1.5Lとするならば0.1円×1.5L=0.15円となります。

1Lあたり0.2円とした場合は、0.2円×1.5L=0.3円と言う事になります。

1か月(30日)水道水で飲んだ場合、0.1円の場合4.5円となり0.2円だとしても9円にしかならないのです!

なので、「500mL=100円のミネラルウォーター」で1か月飲んだ場合は水道水0.1円では約2000本分、0.2円でも約1000本分も買えてしまいます。
「2L=100円のミネラルウォーター」を1か月飲んだ場合は水道水0.1円では約500本分、0.2円では約250本分買えるという結果になりました。

最後に

どうでしたでしょうか?やはり差がある事は分かっていた事だけど、これだけの差が出ていると予想は付いていましたでしょうか?

水道水は安く済むので、飲み水として利用したい方もいるかもしれませんが、塩素や味などを気にして飲まれないかもしれません。

ミネラルウォーターだけ飲んでいる方はどうしても値段が張ってしまいがちです。

水道水も浄水器など使い、利用してみる事を考えてみてもいいのかもしれませんね。

参考になっていただければと思います。

ミネラルウォーターの軟水と硬水について

ミネラルウォーターはお店の商品として並べられたり、ウォーターサーバーなどでも手に入りますよね。

この時、「軟水」や「硬水」など書かれているかと思います。

この軟水と硬水とは何なのかなどについて書いていきたいと思います。

軟水と硬水の違いについて

軟水と硬水の違いは硬度で分けられます。

分けられる基準となる物があり、水1Lのうちに含まれるカルシウムとマグネシウムの量に応じて分けられます。

  • 軟水は、一般的には「100mg/L未満」でWHOでの定義は『0~120mg/L未満』と言う分けられ方
  • 硬水は、一般的には「100mg/L以上」でWHOでの定義は『120mg/L以上』と言う分けられ方

と言う風になっています。

この他にも、硬度『101~300mg/L』で中硬水、硬度『1000mg/L以上』で超硬水などと言った硬度なんかもあります。

簡単に言ってしまいますと、軟水はマグネシウム、カルシウムの量が少ない物を言い、硬水はマグネシウムとカルシウムの量が多い物と言う事になります。

軟水と硬水の特徴について

軟水と硬水にはそれぞれ良い所やあまり良くない所など、特徴があります。

以下は軟水の特徴と硬水の特徴を簡単にあげてみます。

軟水の特徴

  • 味がまろやかで飲みやすく、日本人は軟水に慣れ親しんでいる
  • 赤ちゃんやお年寄りにも負担が少なく、安心して飲ませてあげられる
  • 日本の料理に適している
  • ミネラルの補給には向いていない

また、赤ちゃんに安心して飲ませてあげられるとは言え、極力ミネラル分が低いミネラルウォーターを選ぶのがいいです。

低い物がいいのですが、赤ちゃんの内臓に負荷が掛かってしまうため、あまりミネラルウォーターを飲ませることはお勧めできません。

ピュアウォーターなどの「純水」と呼ばれる物であれば、ミネラル分の含有率が0mgと表示されている物であれば安心かと思われます。

硬水の特徴

  • 苦みを感じたりして飲みにくく、慣れが必要
  • 美容やダイエットなどには効果的
  • ミネラルの補給に向いている
  • ミネラル分が高いため、特に赤ちゃんは内臓に負荷が掛かるため飲ませない方がいい
  • 飲みすぎると下痢になってしまう

軟水と硬水の使い分け

ミネラルウォーターを選ぶとき、軟水か硬水どちらがいいや、選ぶべきなのか迷ってしまうかもしれませんが、目的に合わせて変えていくといいです。

『生活の飲み水』

  • 特に目的は無く、生活するうえでお飲みになるのでしたら、軟水が飲みやすくどこにでもあるミネラルウォーターですので、軟水を選ぶといいと思います。

『味』

  • 硬水は味に苦みなどがある為、味で選ぶ場合は軟水を選ぶといいでしょう。

『美容、ダイエット』

  • 美容やダイエットを意識する場合は、代謝を促進させやすくするなどで硬水がお勧めとされていますが、綺麗な水を取る事で代謝が促進され、美容やダイエットには効果がありますので、慣れたや飲みやすい方を選ぶといいでしょう。

『料理など』

  • 日本料理や緑茶や紅茶などに使う場合は、軟水が適していると言えます。お肉の臭みを取る、柔らかくするには硬水が適しています。

このように目的に応じて軟水と硬水を使い分けるようにしましょう。

ミネラルウォーター商品の硬度比較

ミネラルウォーターの人気な商品の硬度を比較してみたいと思います。

軟水

キリン アルカリイオンの水 硬度 58mg/L
クリスタルガイザー 硬度 38mg/L
富士山のバナジウム天然水 硬度 29mg/L
ボルヴィック 硬度 60mg/L
南アルプスの天然水 硬度 30mg/L
森の水だより(日本アルプス、大山山麓、富山の天然水) 硬度(33mg/L、42mg/L、32mg/L)
六甲のおいしい水 硬度 32mg/L

硬水

エビアン 硬度 304mg/L
コントレックス 硬度 1468mg/L

プライバシーポリシー

個人情報の保護について

http://www.mineraruarekore.com 」(以下、当サイト)を利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなします。

個人情報の収集について

利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。しかし、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありません。

広告の配信について

当サイトはGoogle及びGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。 DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。 お客様はGoogleアカウントの広告設定ページで、パーソナライズ広告の掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。また aboutads.info にアクセスして頂き、パーソナライズ広告の掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。 その他、Googleの広告における、Cookieの取り扱いについての詳細は、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。

ウェブサーバの記録

当サイトのウェブサーバは、利用者のコンピュータのIPアドレスを自動的に収集・記録しますが、これらは利用者個人を特定するものではありません。利用者が自ら個人情報を開示しない限り、利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。

免責事項

利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。また、当サイトからリンクされた、当サイト以外のウェブサイトの内容やサービスに関して、当サイトの個人情報の保護についての諸条件は適用されません。 当サイト以外のウェブサイトの内容及び、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。