ウォーターサーバーを設置する時に必要なコストは?

ウォーターサーバーを設置しようと考えている方にとって気になる事と言えば、やっぱり月々にかかる費用ですよね。

ウォーターサーバーを設置する方の中には、水道水を飲み水に使っている方や定期的にペットっボトルのミネラルウォーターを購入して利用している方などが大半だと思います。

ミネラルウォーターをネットでかなり安く購入している方や水道水を利用している方の場合は、費用が高くなってしまいで、ペットボトルのミネラルウォーターをスーパーなどで購入されている方にとっては費用を抑えることが出来ます。

今回はウォーターサーバーにかかるコストについてみていこうと思います。

ウォーターサーバーにかかるコスト

ウォーターサーバーにかかるコストはメーカーにより異なる事が多いのですが、一般的な例として挙げていきたいと思います。

ウォーターサーバーにかかるコストとしましては、「水代」、「ウォーターサーバーのレンタル料」、「メンテナンス代」、「電気代」が主なコストになってきます。

ウォーターサーバーの水代

ウォーターサーバーの取り扱っているお水は「天然水」や「RO水」が殆どであり、1本12リットルのボトルが大半でおよそ1000円程度のお水が殆どであり、その他にも1000円以下や3000円するものまで幅広くなっています。

また、ボトルの注文をする時、最低でも〇本は注文しないといけない最低注文数があるメーカーもあり、2本=1セットで2000円のような注文をしないといけない事もあります。

ウォーターサーバーのレンタル料

ウォーターサーバーを利用するにはサーバー本体が必要になり、レンタルする事で利用できるようになります。

サーバー自体のレンタル料は月々1500円程度が目安です。

また、サーバーのレンタル料が無料のメーカーもあり、今ではレンタル料が無料なメーカーが大半を占めています。

ただ、サーバーのレンタル料を無料にしてしまうとメーカー側の利益が低くなってしまうため、お水自体の価格を高めに設定したり、何本で1セットと言う風に購入して貰う様になっています。

サーバーのメンテナンス代

ウォーターサーバーのメンテナンスは毎年行われ、消耗品の交換やクリーニングなどのメンテナンスを行うため、毎月3000円~5000程度としてメンテナンス料となります。

また、メンテナンス代が無料と言うメーカーもありますが、その場合は自分でマニュアルを読んでお手入れしてあげると言う方式が大半です。

メンテナンスが無料で点検を行ってくれるメーカーの場合、パーツが故障していたので交換が発生した場合は料金が発生してしまったり、サーバーのレンタル料にメンテナンス料が含まれていると言う事もあります。

サーバーの電気代

ウォーターサーバーは機械なため電気が必要になり、24時間稼働させ続けて冷水と温水を維持するようになっています。

そのため、電気代が掛かってしまうのですが大体毎月500円~1000円程度の電気代になる事が多いです。

また、節電モードのような機能が備わったウォーターサーバーの場合、電気代はかなり抑えることが出来ます。

最後に

いかがだったでしょうか?

ウォーターサーバーを利用するためには上記のようなコストが必要となります。

ウォーターサーバーの利用を考えている方で参考になってもらえればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です