ウォーターサーバーの水は赤ちゃんにとって問題ないの?

赤ちゃんがいるご家庭で、ウォーターサーバーを利用している場合お湯が出るため赤ちゃんにミルクを作ってあげているご家庭も多いのではないのでしょうか?

赤ちゃんを授かる前の時点で水道水に不安があった、もしくは赤ちゃんのために水道水が不安なためウォーターサーバーに切り替えてたのかもしれません。

ウォーターサーバーのお水も何が含まれていたりしているか把握していないと、ミルクを作っても赤ちゃんが大変なことになってしまうかもしれません。

赤ちゃんとなると抵抗力がとても弱く、様々な事に敏感です。

なので、ウォーターサーバーのお水でミルクを作ってあげても大丈夫なのかな?と思われる方もいるかと思います。

今回はウォーターサーバーのお水でミルクを作って赤ちゃんにあげてもいいのかについて書いていこうと思います。

ウォーターサーバーのお水の種類と成分

ウォーターサーバーのお水はメーカによって取り扱っている物が違いますが、殆どの場合「天然水」か「RO水」のお水が主流です。

天然水にはミネラル(マグネシウム、カルシウム、カリウム、ナトリウム)が含まれています。 それに対し、RO水は細菌やミネラルと言った不純物が殆ど含まれていないか、ゼロのお水です。

この二つの内、赤ちゃんに影響が出る可能性があるのが【天然水】の方です。

赤ちゃんの内臓はまだ未発達

先ほど赤ちゃんに影響があるお水は天然水と記載しました。

それは、赤ちゃんの内臓がまだ未発達のため、天然水に含まれるミネラルと粉ミルクのミネラルによって下痢を起こしてしまったり、内臓にかなりの負担が掛かってしまうためです。

粉ミルクには赤ちゃんに合わせて必要なミネラルが含ませてある物が殆どなため、ウォーターサーバーのお水のミネラル成分が高かったり、過剰に摂取してしまうと下痢などの体調不良に繋がってしまいます。

ただ、ミネラルの過剰摂取が赤ちゃんに影響がある要因となってしまうのですが、日本のウォーターサーバーはミネラルが少ない軟水を扱っているメーカーが殆どであり、地域にもよりますが水道水もミネラルを含んだ軟水であり、粉ミルクも水道水で作られる事を前提につくってあるため、硬度が低い軟水であれば安心できるお水と言えるのではないでしょうか?

よって、赤ちゃんにミルクを作ってあげる場合は、硬度が30以下程度の軟水かRO水でミルクを作ってあげると安心して赤ちゃんにミルクをあげる事が出来ます。

最後に

ウォーターサーバーのお水で赤ちゃんに飲ませてあげる事は問題ありませんが、少しのミネラルでも赤ちゃんの内臓には負荷が掛かってしまう恐れもあります。 なので、硬度が極力低い物かRO水でミネラルウォーターを作ってあげるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です