ウォーターサーバーを家族構成別で使用する水の量はどのくらい?

ウォーターサーバーを利用しようと考えている方の中には、一人暮らしの方や4人家族、6人家族などそれぞれだと思います。

ウォーターサーバーを利用する際、暮らしている人数によってお水の量を調整する事で、お水が無駄になってしまったり、それに対し少なすぎは追加のボトルを注文して買い足す必要があり、面倒なので他で補ってしまうなどではウォーターサーバーを利用している意味がない、と言った事が起きなくなるため選ぶ目安になるかもしれません。

そこで、今回はウォーターサーバーは家族構成によって使用する量の目安についてみていこうと思います。

ウォーターサーバーを家族構成別の使用量

まず、ウォーターサーバーを利用する場合ほとんどのメーカーは、水の最低注文数がある所が殆どです。

最低注文数は文字通り、お水を最低でもこれだけは注文(購入)して下さいというものです。

お水の量は12リットルや7、8リットルと言った量が多く、12リットルの場合は12リットル×2本で7、8リットルの場合は4本や1本で1セットと言った風になっており、これを最長で毎月1回の購入となっています。

利用するお水の量は季節や使用する用途が飲用目的だけではない場合は使用料は当然変わってきます。

この事などを踏まえて見ていこうと思います。

一人暮らし

一人暮らしの場合、飲用のみで1ヶ月使用する場合は最低注文数である12リットル×2本の24リットルで足りるという風に言われています。

一人暮らしの場合、仕事など外出されていられる場合は自分以外使われることがないため、使用料は多くはならないと思われます。

二人家族の場合

二人で暮らしている場合で飲用飲みであれば、単純に考えて一人暮らしの倍あれば足りると言う事になります。

一般的には最低注文数(12リットル×2本)の1.5倍~2倍程度と言われており、4,5十リットル程度と言う事ですね。

三人家族の場合

三人の家族ともなると夫婦に加え子供と言う構成が多く見られると思います。

一般的は最低注文数の2~3倍程度の5,6十リットルが目安と言われています。

ウォーターサーバーにはお湯が出るのが基本なため、子供が乳児の場合お湯でミルクを作ってあげるなど、子供は水分を多く摂取したりする場合も多いため少し多めの量でも問題ないかもしれません。

四人家族の場合

四人家族の場合一般的には最低注文数の2~4倍程度の5~8十リットル程度と言われています。

四人家族となると子供が二人の場合や高齢者と暮らしている場合とで、量は変わってくるとは思いますがいずれにしても水分を多く摂取させる必要があるため、出来るだけ多くしておくなど調整が必要になると思います。

5,6人家族の場合

一般的には最低注文数の3~6倍程度の70~130リットル程度必要と言われています。

5,6人家族ともなると子供も高齢者でもかなりのお水を消費するためこちらも平均より多めにしておくといいかもしれません。

最後に

いかがだったでしょうか?

家族構成別で使うお水の量は飲料水として使うだけでなく、料理などにも利用する場合や季節によっても変わってきます。

そのため、上記であげた量はあくまで一般的な目安と考えておき、調整していくといいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です