ミネラルウォーターは運動後に適しているの?

生きているだけでも、自然と水分が失われていくものですが、当然、運動をすればより汗をかいて水分が失われます。

失った水分は飲み物を飲むなどして、水分を補給することが必要です。

水分が少ない状態は非常に危険な状態です。

特に激しい運動を行った時は、大量の汗をかき、水分も大量に失ってしまいます。

なので、運動する場合は適したタイミングでミネラルウォーターなどの飲料水で、水分を取る必要があります。

今回は、運動後にミネラルウォーターが適しているのかについて書いていこうと思います。

汗をかくと水分だけではなくミネラルも失われる

私たちは汗をかくと水分だけではなく、ミネラル分まで失われてしまいます。

このミネラル分が不足してしまうと、めまいや痙攣と言った症状に陥ってしまいます。

よって、汗をかいて水分が不足した場合、ミネラル分も一緒に取る必要があります。

特に、汗と一緒に出ていくミネラル分の中で、「ナトリウム」つまり塩分が一番多く含まれて、排出していってしまいます。

汗をなめるとしょっぱかったという経験があるのではないのでしょうか?

他のミネラル分も大切ですが、塩分はしっかりと摂取する必要があります。

運動後に適したミネラルウォーターとは?

ミネラルウォーターには、軟水と硬水がありますが、特に運動後に効果的なのは硬水と言えます。

まず、軟水はまろやかで日本人には飲みやすいと感じる所があり、ごくごく飲めて水分を取るには丁度いい飲み物と思われるかもしれません。

ですが、上記でも記載した通り、水分を取るだけが良い訳ではなくミネラル分も摂取する必要があります。

軟水は、ミネラル分が少ないミネラルウォーターで、体に吸収できるミネラルもほんの少しです。

なので、塩分などのミネラルを食品などと一緒に取る必要があります。

ただ、軽い運動であれば軟水でも問題は無いと言えます。

それに対し、硬水は軟水よりもミネラル分が高い事が多いです。

ですが、硬水は飲みにくいと感じてしまう事があり、飲みすぎてしまえばお腹を壊してしまいます。

飲みにくい点でいえば、炭酸ガス入りの硬水で飲みやすくなるため、試してみてもいいと思います。

ミネラル分の多い硬水では、失った水分とともにミネラル分も補給してくれるため、激しい運動などに適していると言える飲料水です。

ですが、硬度が高い硬水であればいいと言うわけでもありません。

それは、硬度はマグネシウムとカルシウムの含有率で表されます。

そのため、マグネシウムとカルシウムは多く含まれていても、他のミネラル分は少ないと言う事もあります。

そのため、この2つ以外のミネラル分もしっかりと含まれているか確認をし、足りない物は食品などで補うといいでしょう。

最後に

運動後に適したミネラルウォーターは、軽い運動では軟水でもよく、激しい運動であれば硬水が適していると言う事になりました。

軟水も硬水も良し悪しを理解したうえで、ミネラルウォーターを運動後に活用してみてください。

勿論、水分補給の際はスポーツドリンクなどの活用をするなどして、水分とミネラルを補給するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です