ミネラルウォーターには効果的な飲み方がある

人の体の水分は約60%とされているため、水分補給をする事は大切なことであり、欠かせない事です。

お水を飲む事は体に良い事が多い事はご存知かもしれません。

また、お水は飲み方によって効果的に飲む事が出来ます。

今回は、ミネラルウォーターの効果的な飲み方についてみていこうと思います。

1日に必要な水分量は1.5リットル

1日1.5~2Lのお水を飲むと良いと言う事を耳にした事が多いのではないでしょうか?

これは、1日に排出される水分量が2リットルから2.5リットルとされており、水分を取る事はお水だけではなく食事などから1リットル程度取れているため、排出される水分量に達するには食事などの水分量と合わせ、お水を1.5リットル程度補給すれば良いとされているからです。

勿論、生活によっては異なってきます。

例えば、暑い夏場や運動後にかなり汗をかいてしまった時などは排出される水分が多くなるため、1.5リットルを超える水分を取る事が必要になってきます。

水分を取るミネラルウォーターの温度は常温がいい

水分を取る時はやっぱりぬるい水よりも冷えた水の方が美味しく、爽快に感じたり、暑い時は体を冷やしたいなどで冷たい水を取りがちだと思います。

体温を下げるという点では効果はありますが、冷たいお水を体に取り入れると、胃腸に負担が掛かってしまったり、血流が悪くなってしまう、むくみにつながるなどが起こり体に良くありません。

それに対し常温は、胃に負担が掛かる事などは無く、体調を崩したりもせず、さらに冷水では排出できない老廃物を除去してくれます。

普段飲むお水は常温にするようにし、運動をした後などは冷たい水を取るなど、場合によって変えるといいです。

水分は失う前から取る事が大切

水分はのどが渇いたと感じる前に摂取する事が大切です。

例えば、運動をする前や睡眠前、入浴前などです。

・運動をよくする前に飲んでおかないと、水分を失ってしまい脱水症状になってしまったりするかもしれません。

運動中でも刻み刻み水分を取るようにしましょう。

この時、吸収力の高い硬水を飲むと効果的です。

・睡眠中もコップ一杯分の汗をかいています。そのため血液がどろどろになってしまいます。

なので、睡眠前にお水を飲む事により、脱水や血液どろどろを改善してくれます。

・入浴は体温よりも高いお風呂に入るため、大量の汗をかいてしまいます。特に長い間入浴される方は入浴前の水分補給は大切と言えます。

また、睡眠前に摂取した物は睡眠中に排出されているように、その時の水分以上に汗をかいてい待っている場合もあるため、起床時や入浴後もしっかりと水分補給をするようにして下さい。

水分を取るのは一度に取らず数回に分けて飲む事がベスト

のどが渇くと一度に大量の水分を取ってしまいがちです。

人の腎臓で処理できるお水は、1分間に16ミリリットルと言われており、これを超えてしまうと過剰摂取でむくみや頭痛が出たり、低ナトリウム血症になってしまう可能性が高まってしまいます。

ですから、のどが渇いてしまう前に、7、8回と言うように数回に分けて少しずつ飲む様に心がけるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です