ミネラルウォーターによるダイエット効果と飲みすぎは危険

よくミネラルウォーターはダイエットに効果があるとして耳にする事があると思います。

確かに、ミネラルウォーターだけでなくお水を飲む事はダイエットの効果的と言えますし、普段飲んでいるお水を飲んでいてダイエット効果があった方がうれしいと思います。

ですが、いくら効果があるとはいえ1日に5リットルや、ひどい人の場合10リットル飲んでいる方もいるそうですが、これでは効果が出るどころか最悪水中毒を引き起こしてとても危険です。

なぜミネラルウォーターを飲む事でダイエットに効果的なのか?

まず、ミネラルウォーターを飲むとなぜダイエットに効果があるのかを見ていこうと思います。

ミネラルウォーターでダイエットに効果があると言われているのは、主に2つです。

それは「体の代謝をよくすること」、「食欲を抑える効果がある」となっています。

細かく見ていきましょう。

体の代謝をよくすること

ミネラルウォーターを含むお水全般は飲む事により、水分を失った血液をサラサラにする事により、血行が良くなり新陳代謝が良くなってくれます。

血行が良くなることで体温が上がり、消費エネルギーが大きくなりダイエットに効果的です。

この時、飲むお水は吸収力の高い【硬水】が向いていると言えます。

ただ、硬水は慣れていないと飲みにくく、お腹を壊しやすいため注意が必要です。

飲みにくいという点は、硬水でも少しづつ硬度を上げていく事や炭酸ガス入りを試す事で改善しやすいです。

この代謝が悪いと老廃物が溜まったり、脂肪が付きやすく、便秘や肥満になる要因になってしまいます。

食欲を抑える効果がある

ミネラルウォーターの硬水は食欲を抑える働きがあるとされています。

これは、人はミネラル分が不足してしまうと食欲が増してしまう傾向にあるため、硬水は軟水に比べるとミネラル分が多く含まれています。

そのため、食欲を抑える働きが起こってくれます。

さらに、硬水を炭酸にする事で満腹感をコントロールするように飲む事で食べすぎを抑制し、さらに効果に期待が高まります。

ですが、必ず守ってほしい事は食欲を抑えてはくれるのですが、ミネラルウォーターだけや殆ど食べないなんて言う事は非常に危険な事です。

ですから、しっかりと栄養を考えた食事はとるようにしたうえで、食べすぎないようコントロールするようにして下さい。

ミネラルウォーターでダイエットを行う時は水中毒に注意が必要

ミネラルウォーターがダイエットに効果的と分かると過剰に摂取してしまう人も出てきてしまいます。

初めにも記載しましたが、1日に5リットルや10リットル飲んでしまう人なんかもいるみたいです。

普通はのどの渇きを脳が感じ、水分を取る事でのどの潤いを脳が感じ取り、限度以上は受け付けないようになっています。

ですが、受け付けないのにもかかわらず、無理に限度以上のお水を摂取してしまう事により、脳の判断がおかしくなってしまいお水をいくらでも受け入れてしまう事が可能になってしまいます。

そして、取りすぎてしまった水分は細胞内へと溜まっていき体にむくみが生じ、さらにナトリウム濃度が薄まり極度の減少による痙攣や神経系の異常などの症状が出てしまい、最悪の事態にもなってしまう可能性があり、水中毒になってしまいます。

最後に

ミネラルウォーターはダイエットに効果があるとは思いますが、飲みすぎてしまっては意味がありません。

ダイエット目的でミネラルウォーターを飲む事は問題ありませんし、生活を行う上でもお水を飲む事は重要な事ですが、恐らく閲覧してくださった方にはいないとは思いますが、限度を超えないよう注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です